SPOT

御神渡り

御神渡り
御神渡り
御神渡り
御神渡り

諏訪湖独特の冬の自然現象で冬の諏訪湖の風物詩。寒中に-10℃程度の寒さが続くと諏訪湖が全面結氷する。その氷が厚さを増し、ある夜明けに大音響と共にせり上がるようにして裂け、朝になるとその姿は湖を走る山脈のようになる。近年、暖冬から全面結氷する日が減り、御神渡りの確認できない年(『明けの海』)が増えているが、通常1月から2月の厳冬期に出現し、気象条件によっては数日から数週間、湖畔からも確認することができる。その厳かなる様を一度は見ておきたい。

御神渡りは、3本の氷のすじを「一の御渡」「二の御渡」「佐久之御渡」と呼ぶ。
御神渡りの判定と神事については、八劔神社(諏訪市小和田)がつかさどっており、出現が確認されると諏訪湖上にて「御渡り拝観神事(みわたりはいかんしんじ)」が行われる。
御神渡りの方向から農作物のでき方やその年の天候などを占い、その結果を諏訪大社に報告し、諏訪大社より宮内庁に事上げ、気象庁に報告が行われる。
このため、八劔神社では毎年、冬の期間に諏訪湖を観測しており、その記録は1443年から約600年分にも及ぶ。

■御神渡りの伝説

諏訪大社の上社と下社はこの御神渡りの起こりやすい両端近くに相対して鎮座しており、御神渡りは諏訪大社上社(諏訪市)の男神(建御名方神 タケミナカタノカミ)が下社(下諏訪町)の女神(八坂刀売神 ヤサカトメノカミ)のもとへ会いに行った跡であると信仰されている。 
 〇氷は場所によって薄い部分があり、氷に乗ることは諏訪湖への転落事故の恐れがあるため大変危険です。マナーを守って安全な場所からご覧ください。

関連スポット